より質の高い生活を送れるよう、様々なサービスをご提案します

訪問看護

目的と運営方針

病気や障害を持った方が、住みなれた地域やご家庭でその人らしく療養生活が送れるように、医師の指示のもと、専門家の目で見守り、適切な判断に基づいたケアとアドバイスで在宅での療養生活を支援します。

営業日および営業時間

営業日 休業日を除く毎日
営業時間 8:00〜18:00
休業日 日曜日及び12月30日〜1月3日
(緊急時など必要な場合は時間外対応、24時間連絡が可能となっております。)

訪問看護の対象となる方

  • 要介護状態(寝たきり・日常生活に何らかの手助けを必要とする状態)にある方。
  • 認知症やその疑いのある方
  • 要介護状態になることを予防したい方。
  • 病状が不安定で心配な方、入退院を繰り返している方。
  • 何らかの医療処置や医療機器を使用されている方。
  • 在宅で最期を迎えたい方。

訪問看護の内容

1,在宅療養者の病状の観察及び健康管理
2,清拭、入浴など清潔のお世話、床ずれの予防や手当
3,各種カテーテルの管理、在宅酸素や人工呼吸器など医療機器、点滴の管理
4,最後を在宅で迎えたい方の支援(看取り看護)
5,24時間緊急対応。夜間・休日において病状の変化、対応に困ったときの相談及び訪問
6,医療・保険・福祉サービスなどの活用の支援と連携

空き情報

午前 -
午後 -

*日曜日は緊急対応のみとなります。

*空き時間は変わる場合があります。直接担当までご確認ください。

topに戻る